デジタル全盛の時代に見直されるレコードの良さ!時代を超えて愛される魅力について紹介

デジタル時代にレコードがひそかに人気となっているようです。

なぜ時代を逆行して良さが見直されているのか、ここでは魅力について解説します。

好きな人の声を聴くと、アナログな感覚がたまらないというコメントが多い印象です。

音に深みがあり、味があるといわれています。

確かに溝が深い分、CDなどでは味わえない独特な深みがあります。

ジャケットがとてもしゃれているのも魅力です。

デジタル全盛の時代に見直されるレコードの良さ!時代を超えて愛される魅力について紹介

レコードのジャケットは映画のワンシーンのようなデザインが多く、好きな人にはたまらない良さがあります。

デジタル時代だと、ダウンロードで終わってしまいますが、レコードだと手元に残って実感が楽しいです。

落書き風なデザインも面白いですし、記号が多いのも特徴的といえます。

そして針を落とすときの感覚が好きという人もいます。

確かに自分が聞きたい場所にセットする時の高揚感はなんとも言い難いような気がするのも事実です。

レコードのニーズが高まり買取価格も上昇

レコードはデジタル方式に対して音質が良いことが再評価されたり、趣味性の高さからニーズが高まりを見せ、買取価格の上昇も起こっているといえるのではないでしょうか。

記録の方式がデジタルと大きくことなるレコードは、一般的に暖かみのある音といわれています。

同じ楽曲でもCDやストリーミングと違って聴こえますから、その違いを知る人が少しずつ増えたことで、レコードのニーズも高まっていると考えられます。

あらゆる物の価格は需要と供給できまりますが、レコードも例外ではなく、特に希少性の高い古い作品ほど顕著に買取の変化が見られます。

輸入盤も中古市場で根強い人気ですし、往年のファンに加えて、新規も増えていることが盛り上がりに拍車を掛けつつあります。

勿論、アーティストや作品によって人気不人気はありますし、いくら名盤でも傷みが激しければ商品価値は0に等しいです。

やはり人気と状態が重要なポイントになるわけですが、少なくとも全体的に相場が上がっているのは間違いなく、今後も右肩上がりになる可能性があるのではないでしょうか。

レコードはその場で聴いていると感じるほど音が滑らか

デジタルネイティブ世代にとって、レコードは知識としてだけ存在することが多いですが、実際に聴いてみると衝撃を受けるのではないでしょうか。

レコードはデジタル音楽再生に対して、まるでその場で聴いているかのように滑らかな音が聴こえると評されます。

言葉だけで説明したり理解するのは難しいですが、イメージ的には空間が暖かみのある音で満たされ、音楽に包み込まれる感覚だといえます。

レコードはアナログでトゲや引っ掛かりのない滑らかな音楽再生に定評がありますから、ギザギザの波形からアナログ波形を再現するデジタル方式と違うのは当然です。

ただ、レコードは再生時にノイズが混じるので、その点についてはデジタル方式に軍配が上がりますし一長一短があります。

とはいえ、ノイズすらも心地良く聴こえるのがアナログ再生の強みで、クリアで切れの良さが耳につく音とは真逆ですから、興味を持ったら機会を見つけて一度聴いてみるのが良いのではないでしょうか。

見直されるレコードプレイヤーの面倒な操作

レコードは盤をプレイヤーにセットして針を落とさなければ再生できないという、面倒な操作が敬遠されるイメージではないでしょうか。

近年は、何でも手軽にできる時代だからこそ、逆に面倒な操作が見直され始めています。

レコードは再生に必要な一連の操作がある種の趣味性となり、愛好家の間で親しまれているといえます。

聴きたい音楽に合わせてレコードを交換する手間も、趣味と捉えれば魅力的なものとなります。

雑多にアーティストやアルバムを問わずザッピングで聴く人には向きませんが、1枚のアルバムと向き合い、じっくり聴きたい人には最適です。

レコードは雑に扱うと歪んでしまったり、再生音にノイズが混じるようになるので、CD以上に丁寧に扱うことが求められます。

プレイヤーも雑に針を落とせば針が折れてしまいますから、丁寧な操作が求められることもまた魅力の1つになっており、これら一連の所作が人を引きつけているといえるのではないでしょうか。

レトロなインテリアにも取り入れられるレコードジャケット

レコードは主に昭和時代までに製造販売された商品が該当しますが、その中にはジャケットのデザインがレトロ感のあるお洒落な作品も少なくはありません。

現在ではパソコンでグラフィックソフトを使って綺麗なデザインを作成できますが、当時はそのような環境はなく、手作業でのデザインが主流になるのでジャケットに利用されている写真やイラスト、文字などに関しても作家による作業が多い傾向にあります。

レトロ風のインテリアにしたい方にとっては最適なアイテムとしてレコードを活用することができ、普通の室内であれば広い壁面を利用して飾る方法でインテリアを好みの状態に仕上げることができます。

注意事項はあり当時の印刷技術やインクについては、現在とは品質が異なるものなので日焼けには弱いことをあげられます。

この対策に関してはサイズが合う額縁を購入したり、自らアクリル板を加工して汚れからガードするだけではなく、表面にはUVカットの透明シートを貼る方法で日焼けを起こさずに長くインテリアアイテムとして使えます。

レコードに関する情報サイト
レコードの魅力について

デジタル時代にレコードがひそかに人気となっているようです。
なぜ時代を逆行して良さが見直されているのか、ここでは魅力について解説します。
好きな人の声を聴くと、アナログな感覚がたまらないというコメントが多い印象です。
音に深みがあり、味があるといわれています。
確かに溝が深い分、CDなどでは味わえない独特な深みがあります。
ジャケットがとてもしゃれているのも魅力です。

Search