デジタル全盛の時代に見直されるレコードの良さ!時代を超えて愛される魅力について紹介

若者にも広がっているレコードの良さ

近年世界的にレコードの需要が高まってきているというニュースを耳にしたことのある方は多いかも知れません。

これは日本でも同様で、特に若者を中心に注目を集めており古い中古レコードを取り扱っている専門店に足を運ぶ人や、専用のプレイヤーを購入して自宅に設置する人など古いと思われていた音楽媒体の人気が再燃していることがわかります。

若者を中心に広がっているレコードの良さの一つに、音質の良さがあります。

CDの場合人間が聴こえない周波数はあえてカットし収録するのに対して、レコードはその範囲の周波数が全て記録されているため、アナログ音源だからこその表現力の豊かさや実際に現場で演奏されたままの音源がそのまま聞けるので、臨場感が得られやすいとして人気が高くなっています。

特にオリジナル盤では、書籍でいうところの初版であり最も古く価値の高い貴重な音源として支持されています。

最近では需要の高さから再販版を販売するメーカーも増えていますが、再販版の音質は比較的大人しい傾向にありオリジナル盤のような音の迫力、凄みが不足していると感じる方も多いようです。

チリチリとした独特のノイズも、同時の音源を楽しむ上で大きな魅力となると評価されているポイントでもあります。

最近、レコード店の来店者に若い人が増えている

レコードに代わる音楽を聴くためのツールとして年に誕生したCD。

レコードは手入れをしなければ良い音で聴けない、ひと手間かかるものであり、その手間も楽しみとして愛好する人も多い一方、手軽に扱えるCDはどんどん市場で幅を利かせるようになっていました。

しかし、最近では、手軽に音楽を楽しめるインターネット動画サイトや音楽のサブスクリプションサービスが人気となり、CDは苦戦を強いられる状況が続いています。

このような状況のなか、いま再び注目されているのがレコードです。

音質の良さやジャケットなどビジュアルの格好良さなどに加え、「音楽をひと手間かけて楽しむ」アナログ的な良さが見直されて、音楽好きな若い人の中にも愛好者が増えているようです。

提供する側にも変化があり、CDと同時にアナログ盤を同時リリースするアーティストも増えてきています。

レコード店の来店者の客層も変化が見られ、中年層に加えて若者へと幅が拡がっている傾向が見られます。

レコードに関する情報サイト
レコードの魅力について

デジタル時代にレコードがひそかに人気となっているようです。
なぜ時代を逆行して良さが見直されているのか、ここでは魅力について解説します。
好きな人の声を聴くと、アナログな感覚がたまらないというコメントが多い印象です。
音に深みがあり、味があるといわれています。
確かに溝が深い分、CDなどでは味わえない独特な深みがあります。
ジャケットがとてもしゃれているのも魅力です。

Search